住宅価格が暴落する?

住宅価格が暴落する?

住宅は人が住んでこそ、価値があるものです。
しかし、今後の日本は人口減少が見込まれています。
少子高齢化により、人口が減ることは間違いありません。
そうなると、住宅の供給過剰という状態になることが予想されます。
つまり、住みたい人をはるかに上回る数の住宅が存在するということです。
これは住宅を売る立場から考えるとどういうことになるのでしょうか。
答えは簡単です。
住宅が安く買い叩かれる可能性が高いということです。
誰しもどうせ売るなら、一円でも高く売りたいと考えるものです。
ですが、少々妥協しても、早めに売り抜けておかないと、住宅価格の暴落と言う状況は起きてしまうこともあり得るのです。
特に地方ではその可能性が高くなるので注意しましょう。