30代が仕事で背負うもの

30代が仕事で背負うもの

日本の企業では年功序列の考え方が依然残っているところもありますが、ずいぶん実力主義が浸透してきたようにも思います。
30代、早ければ20代後半にして管理職のポストにつく人も増えてきました。
同窓会などで、20代と30代の時では話題の内容が変わってきたな、と感じたことはありませんか?
20代の頃は、仕事の話といえば自分自身のノルマをこなしたり、企画を通すことで精一杯だったのが、30代ともなると、会社の命運をかけたプロジェクトだったり、事業を拡大するために奔走しているという話もちらほら。
もはや、社会人として「個人」ではなく会社の命運を握るとも言える30代。
逆にプレッシャーも背負うことになります。
将来への大きなターニングポイントとなるこの時期を、充実したものにしたいですね。